カードローン審査

カードローン審査通過する人と、通らない人

カードローン審査

カードローン審査通過する人と、通らない人ではなにが違うのか?カードローンにはそれぞれに審査基準が設けられており、審査に通らない人はその基準をクリアしていないことが大きな原因といえます。

 

では、カードローンの審査基準とは?カードローン会社は審査に通らなかった場合でも、必ず断りの理由は言いません。その為、申込みした人はどこが悪くて審査に通らなかったのか分からず、次のカードローンへ申込みしても同じように断られるケースは良くあることです。

 

カードローンの主な審査基準
  • 消費者金融などの貸金業者の場合は、借金の金額が年収の3分の1かどうか。
  • 継続して安定的な収入があるかどうか。
  • 居住年数や勤続年数、年収、住居種別、会社規模などの属性の良し悪し。
  • 信用情報で返済が遅れていないか、事故情報が有るか無いか。
  • 自宅や勤務先の在籍確認がとれるかどうか。

カードローンの主な審査は上記になります。もちろんこれ以外にも細かい審査はあり、カードローン会社によって、審査内容は異なりますが、この5つは必ずと言って良いほど審査条項に入ることです。

 

カードローンは無担保・無保証で、その人の信用のみで貸付する為、重要となるのは、きちんと返済してくれるかどうかの「信用」がとても大切となります。しかし、初めて融資する人に対し、信用は誰もがありません。その為、過去の経験より、書類上でその信用度合を計り、融資の可否を決めることが、カードローンの審査になるのです。

カードローン審査に通らないのはこんな人

カードローン審査に通らない人の典型パターン
  • カードローンへ申込みした金額と今の借入残高の合計が年収3分の1を超えている
  • 今借りているキャッシング・カードローンの返済が遅れている。
  • 以前に債務整理や破産などをして5年経過しておらず、事故情報が登録されている。
  • 過去にキャッシングやカードローンの返済を3ヶ月以上遅れたことがある。
  • 無職や専業主婦で自分に収入が無い(専業主婦は銀行カードローンなら借りれます)。
  • 勤続年数が3ヵ月未満や、居住年数が極端に短く、「属性」が悪い人。
  • 50万円を超える借入で収入証明書を提出できない人。(銀行カードローンなら収入証明書は不要です)
  • 在籍確認が取れない又は、不審な人。

年収3分の1以上借入があれば貸金業者の審査は通りません!

カードローンは種類が多くありますが、大きく分ければ、貸金業者のカードローンと、金融機関のカードローンに分かれます。

カードローンの種類
貸金業者のカードローン 消費者金融、クレジット会社、信販会社
金融機関のカードローン 銀行カードローン、労金のカードローン、信用金庫のカードローンなど。

カードローン審査は年収3分の1まで

貸金業者(消費者金融・クレジット・信販)のカードローンの場合、総量規制がありますので、原則年収の3分の1以上は借りられません。年収が300万円の人であれば100万円まで、600万円の人であれば200万円までが上限となります。

 

これ以上消費者金融などの貸金業者から借りる為には、総量規制例外貸付となる、借り換えローンや、おまとめローンでなければ貸金業法の法律によって融資はできないのです。

 

借入が多い人で、カードローンの審査に通らない人は、まず総量規制の範囲内かどうかを調べる必要があります。もし既に年収の3分の1以上借入があるのであれば消費者金融へ申込みしても審査は通りません、その場合、総量規制対象外の銀行カードローンへ一度申込みしてみることをおすすめいたします。

レイクは総量規制対象外!年収3分の1規制はありません!無利息+即日融資可能!

>>レイク公式サイトはこちら<<

金融機関からの融資は全て総量規制対象外となります

総量規制の範囲内かどうか調べるうえで、総量規制の対象と、対象外を分ける必要があります。総量規制の対象となる借入は、消費者金融やクレジットカードのキャッシング(ショッピングは含みません)、信販カードのキャッシング(ショッピングは含みません)になりますが、総量規制対象外となるのは、銀行、信用金庫、労金、農協、などの金融機関の借入は全て総量規制には含まれません。

 

例えば、銀行から借りている住宅ローンや、自動車ローン、リフォームローン、教育ローンなどすべて総量規制の年収1/3の計算には関係がないのです。要するに貸金業者以外の借入は全て総量規制とは無縁になりますので、総量規制の範囲内かどうかを調べるには、消費者金融とクレジット・信販のキャッシングを合算することで答えが出るのです。

信用情報に事故情報がある人は審査に通りません!

信用情報に事故情報があると審査通過不可

カードローンの審査で最重要と言えるのは、信用情報の審査です。信用情報とは指定信用情報機関のCICJICCの信用情報となりますが、貸金業法では融資の審査には必ず指定信用情報機関を照会しなければならないことになっています。

 

カードローンの審査が通らない人の多くは、この信用情報の審査で落ちることが多いのです。信用情報は非常に細かい情報まで登録されており、今借入しているローンの返済状況も分かります。借りているローンやキャッシング金利などを延滞している人は信用情報で分かりますので、返済滞納は支払能力が無いと見なされ、審査通過することはできません。そして、事故情報がある人も即断りとなります。

信用情報の事故情報の種類(一部)
事故情報の種類 内容
延滞 返済を3か月以上延滞した時点で登録。
延滞解消 過去に返済を3か月以上延滞後、支払をした場合。
債務整理 弁護士や司法書士へ債務整理(任意整理・特定調停・個人再生・破産)を依頼した場合。
特定調停 簡易裁判所へ特定調停を申立した場合。
民事(個人)再生 地方裁判所へ民事(個人)再生を申立した場合。
破産 地方裁判所へ自己破産を申立した場合。
債権者法的手続き 債権者側から訴訟などの法的手続きをした場合。

これ以外にも事故情報はありますが、登録されている多くは上記の情報です。この事故情報は登録から5年を超えない期間消えることはありませんので、一度事故情報が登録されてしまうと、5年は消費者金融も含め、クレジットカード、自動車のローンなど全てのローンが組めなくなるので注意が必要です。

最終的には在籍確認をクリアすれば審査通過の可能性が高い

在籍確認を通れば審査通過?

在籍確認の審査は最終的な審査と言っても良いでしょう。なぜなら、融資する可能性が無い人の在籍確認を取っても無駄になるからです。その為、在籍確認があった場合は審査通過する可能性が高いということになりますが、在籍確認がNGの場合、当然審査は通りません。

 

在籍確認とは自宅や勤務先に個人名で電話をして、実際に自宅に住んでいるのか、会社に勤務しているのか確認する審査です。

 

ここまで順調に審査が通っていたとしても、在籍確認は重要な審査になりますので、在籍に少しでも不審点や問題点があれば審査に通らなくなりますので、極力在籍確認は自分自身で出られるひとは電話に出た方が良いでしょう。


カードローン審査申込みならここがおすすめ!

モビット
モビットなら「WEB完結」型申込みサービスで電話連絡・郵便物無しで借入が可能!
モビット

モビットは金利4.8%〜18.0%の低金利と、限度額最高500万円の頼れるローンで、カードローンでも人気が非常に高くなっています。モビットの特徴は、インターネットからWEB完結により申込みすることで、電話連絡・郵便物が無く借入ができる点です。
モビットカードの郵送もありませんので、カードローンの借入を誰にも知られることなく安心して利用することができます!審査は最短即日、平日14:50までに振込手続き完了で即日振込融資も可能!(審査によっては不可も有り)三井住友銀行グループのモビットとして安心・安全にキャッシングすることができます。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.8%〜18.0% 最高500万円 ※最短30分

※審査時間最短30分は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

>>モビット公式サイトはこちら<<

プロミス
プロミスは実質年率4.5%〜17.8%! 限度額500万円!
プロミス

プロミスは金利4.5%〜17.8%の低金利と、限度額1〜500万円までの内容でカードローン初心者から2枚目のカードローンの方まで幅広くおすすめできるローンです。
審査時間は最短30分のスピード審査+平日14時までにWEB契約完了で即日振込融資も可能!さらにメールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息サービスまで付きます!1〜2か月短期間の利用であれば銀行カードローンへ申込みするよりもプロミスへ申込みした方が低金利になるのです!
新規成約率も高く、カードローン審査であればプロミスがおすすめです。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

>>プロミス公式サイトはこちら<<

オリックス銀行カードローン
業界最低水準の低金利で300万円以下は収入証明書不要でOK!
オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の低金利!3.0%〜17.8%で下限金利3.0%はトップの低さとなっています!オリックス銀行カードローンの魅力は、限度額最高800万円で消費者金融からの複数ローンのおまとめ一本化、借り換えとしても利用が可能な点です。
限度額300万円以下は収入証明書不要となっており、収入証明書不要の金額としては最高金額です。銀行カードローンでも最短即日審査に対応していることから、急ぎの方でも最短当日に審査結果が分かり、オリックス銀行口座開設は必要無し!三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・ローソン、Enet・イオン銀行・西日本シティ銀行の提携ATM利用手数料無料となっており、利便性はNo.1と言えます。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
3.0%〜17.8% 最高800万円 最短即日

>>オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら<<

新生銀行カードローン レイク
レイクは総量規制対象外!年収3分の1規制は無し!無利息+即日融資可能!
新生銀行カードローン レイク

レイクは新生銀行が貸付する銀行カードローンとなり、年収3分の1制限は無い、総量規制対象外となります!総量規制対象外によって、審査次第では年収3分の1以上でも融資を受けることが可能となり、収入証明書も100万円以下は不要!
金利4.5%〜18.0% 限度額最大500万円の高スペックに加え、借入の内5万円まで180日間無利息、又は、借入の全額を30日間無利息の2つから選ぶことができます(2つの併用は不可)。そして、総量規制対象外の銀行カードローンでも※最短即日融資が可能!銀行カードローンで即日振込融資が可能なのはレイクだけの大きな特徴とです。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.5%〜18.0% 最高500万円 最短即日

※即日融資は平日14時までにお申込みと必要書類の確認が条件となっています。

>>新生銀行カードローン レイク公式サイトはこちら<<

アコム
消費者金融の中でも高い審査通過率を誇る!スピードNo.1ならアコム!
アコム
アコム

アコムは金利4.7%〜18.0%、最高限度額500万円の高スペック!アコムの特徴は消費者金融No.1のスピードにあります。正式審査回答まで最短30分!平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXし、アコムが確認することで即日融資も可能となっています。
銀行振込時間外の場合でも、インターネットから申込みしておけば、21:00まで受付している無人店にて即日カード発行でき、ATMより即日融資もOK!スピード審査、スピード融資ならアコムがおすすめです!

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.7%〜18.0% 最高500万円 最短30分

>>アコム公式サイトはこちら<<