カードローン審査通りやすい

カードローン審査通りやすい人とは?

カードローン審査通りやすい

カードローン審査通りやすい人はどんな人なのか?カードローンの審査には、ある一定の審査基準が必ずあります。それは大手カードローン会社になればなるほど、似たような基準になっているのです。

 

なぜなら、審査に重要なのは、その人が融資してもちゃんと返済を続けてくれる人なのか?これが最も重要な審査ポイントになります。しかし、今までに融資したことが無い人(新規契約)の人はどこのカードローン会社も100%正確に答えを出すことなど到底無理な話なのです。

カードローン審査では属性と言われるもので信用を計る

では、どうやって申込みしてきた人の信用を計るのか?それは、「属性」といった項目を点数化していき、点数が高い人=信用がある人とカードローン会社は今までの経験から審査基準をある程度確立しているのです。

カードローン審査の代表的な属性項目
年齢 年齢は若すぎず、高齢すぎないのがポイントです。一般的には25歳以上60歳未満であれば属性は問題ありません。20歳や65歳などは評価的には低くなります。
居住年数 居住年数はその人の安定性を判断します。居住年数が短く、住所を転々としている人は評価が低くなる原因になります。居住年数10年以上が理想です。
住居種別 持家や分譲マンションは資産となる為、評価が高いです。自分名義でなくても構いません。借家や寮などは評価が低くなる傾向があります。
家族構成 1人暮らしよりも、親と同居や配偶者と同居の方が評価は高いと言えます。1人暮らしはすぐに転居可能という点から低く見られる傾向がありますが、そこまで気にしなくてもOKです。
年収 年収は300万円未満は評価が低く、600万円以上は一般的に評価が高くみられます。しかし、パートやアルバイトで年収103万円などでも1/3までは融資は充分に可能です。
勤務先規模 上場会社や従業員数300名以上の大会社、公務員は評価が高いです。逆に自営業や従業員数20名未満の小さな会社では評価が低い傾向にあります。
勤続年数 勤続年数は退職金にも関わってきますので、10年以上が評価が高いです。カードローンの審査では3年以上勤続があれば問題ないでしょう。1年未満は断られる可能性もあります。
役職 役職は付いてなくても構いませんが、役職があれば信用が高くなります。

カードローン審査の属性

カードローンの属性の代表的なものは上記の表です。これ以外にも多少ありますが、表にあるもので約9割は占めていると言っても過言ではありません。

 

その為、属性項目を当てはめてみて、評価が高いものが多ければ、それだけカードローン審査に通りやすい人と言えるのです。

 

しかし、属性が悪いからと言って必ず審査に落ちる訳ではありません。カードローンの審査では属性による審査も需要ですが、最も重要なのは、信用情報の審査になるからです。

カードローン審査で最重要なのは信用情報の審査

カードローンの審査では信用情報の審査が約8割程度比重があると思っていてください。どんなに属性が良くても、信用情報の審査に通らなければ融資を受けることはできません。一般的の審査の流れは信用情報の審査⇒属性の審査になりますので、信用情報の審査が通らなければ、属性はあまり意味が無いのです。

信用情報の審査箇所
信用情報の登録氏名・生年月日 信用情報に登録されている氏名と生年月日が合っているか確認します。生年月日を偽って申込みなどすると、同じ氏名・住所で別の生年月日が出てきますので虚偽申告の申込みと疑われます。
信用情報の登録住所・電話番号 信用情報に登録されている住所・電話番号と、申込み内容の住所・電話番号が合致するか確認します。違っている場合は、前回借入した会社から住所を移転していると判断されるときがあり、居住年数が短いのは審査にはマイナスと言えます。
借入件数・借入残高 借入件数と借入残高の審査をします。ここで総量規制(年収3分の1までしか貸付を禁止とした法律)によって借りられない人は断りになります。
他社返済の状況 他社で借りれが有る場合、返済が遅れていないかなどの返済状況を見られます。他社返済が滞納していれば審査通過することはできません。
事故情報の有無 延滞・債務整理・破産・特定調停・個人再生などの事故情報の有無を見られます。事故情報があった場合、即断りとなります。
他社申込み件数 他社への融資申込み件数は信用情報に登録されています。この件数が5件以上など多い人は審査は不利になる場合があります。

カードローン審査申込みなら大手の会社がおすすめ!

カードローン審査通るには成約率が重要

ここまで、カードローン審査の「属性」と「信用情報」について説明しました。この2点の審査をクリアすれば、融資を受けられる確率は非常に高いと言うことができます。

 

では、最終的にカードローンを申込みすることになるのですが、カードローン審査を通過したいのであれば、大手へ申込みすることがおすすめと言えます。

 

カードローンでおすすめなのは、消費者金融カードローンになります。大手消費者金融では約4割程度の成約率となっていますが、消費者金融以外の審査が厳しいところでは、当然成約率は3割未満の会社もあるのです。

 

カードローン審査申込みであれば、消費者金融大手に申込みすることがポイントになるのです。


カードローン審査申込みならここがおすすめ!

プロミス
プロミスは実質年率4.5%〜17.8%! 限度額500万円!

プロミス

プロミスは金利4.5%〜17.8%の低金利と、限度額1〜500万円までの内容でカードローン初心者から2枚目のカードローンの方まで幅広くおすすめできるローンです。
審査時間は最短30分のスピード審査+平日14時までにWEB契約完了で即日振込融資も可能!さらにメールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息サービスまで付きます!1〜2か月短期間の利用であれば銀行カードローンへ申込みするよりもプロミスへ申込みした方が低金利になるのです!
新規成約率も高く、カードローン審査であればプロミスがおすすめです。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

>>プロミス公式サイトはこちら<<

アコム
消費者金融の中でも高い審査通過率を誇る!スピードNo.1ならアコム!

アコム

アコムは金利3.0%〜18.0%、最高限度額800万円の高スペック!アコムの特徴は消費者金融No.1のスピードにあります。正式審査回答まで最短30分!平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXし、アコムが確認することで即日融資も可能となっています。
銀行振込時間外の場合でも、インターネットから申込みしておけば、22:00まで受付している無人店にて即日カード発行でき、ATMより即日融資もOK!スピード審査、スピード融資ならアコムがおすすめです!新規契約なら30日間無利息です!

金利(実質年率) 限度額 審査時間
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分

>>アコム公式サイトはこちら<<

SMBCモビット
SMBCモビットなら「WEB完結」型申込みサービスで電話連絡・郵便物無しで借入が可能!

SMBCモビット

モビットは金利3.0%〜18.0%の低金利と、限度額最高800万円の頼れるローンで、カードローンでも人気が非常に高くなっています。モビットの特徴は、インターネットからWEB完結により申込みすることで、電話連絡・郵便物が無く借入ができる点です。
モビットカードの郵送もありませんので、カードローンの借入を誰にも知られることなく安心して利用することができます!審査は最短即日、平日14:50までに振込手続き完了で即日振込融資も可能!(審査によっては不可も有り)三井住友銀行グループのSMBCモビットとして安心・安全にキャッシングすることができます。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
3.0%〜18.0% 最高800万円 ※最短即日

※審査時間最短即日は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

>>SMBCモビット公式サイトはこちら<<