消費者金融が審査は厳しいのか?

消費者金融の審査は厳しいのか?

消費者金融審査を通しやすい?

消費者金融の審査は厳しいと聞いたことがある人は多いと思います。なぜ厳しいと言われるのか?キャッシングカードローンで申込みする場合、どうしても今日中(当日)に現金が欲しい人は1社の申込みで必ず借りたいと思うはずです。

 

なぜなら、仮に審査が通らなかった場合、また別のキャッシング・カードローンへ申込みしなければならず、当日(即日)融資の場合、多くの会社が平日の14時〜14:50までに契約完了が条件となるからです。

 

その場合、1社申込みして審査に落ちてしまえば、その時間は時間の無駄となってしまい、2社目に申込みするのは昼前後ぐらいになってしまします。当日融資の場合、申込み〜審査結果がでるまで早くても1時間程度は必要です。そして、審査結果後の契約手続きでもある程度時間がかかる為、昼に申込みでは当日融資を受けられるか受けられないかのギリギリの時間と言っても良いでしょう。

 

要するに、突発的に必要となるキャッシング・カードローンを申込みする人にとっては時間的に、1社目の申込みで必ず借りなければ当日融資が困難となってしまう場合があるからです。

銀行カードローンに比べれば消費者金融は審査がおすすめ?

消費者金融は審査を通しやすい!

今は、キャッシングもカードローンも同じ意味となっていますので、カードローンには、消費者金融も含まれます。カードローンの代表的なものは銀行カードローンとなりますが、銀行カードローンと消費者金融を比較した場合、消費者金融の方が審査がおすすめなのは本当の話です。

 

その理由は、銀行カードローンは必ず保証会社の保証が付いており、銀行カードローンを借りるならば、保証会社の審査に通らなければ融資を受けることができません。その保証会社についているのは大手消費者金融会社やクレジット会社、信販会社等の貸金業者となっているので、まずは保証会社の消費者金融審査に通らなければ、銀行カードローンの審査までは行けないのです。

 

そのことを考えれば、銀行カードローンの下に保証会社の消費者金融の審査があると言ってもよく、銀行カードローン審査と比較すれば、消費者金融の方が審査がおすすめな理由は少なからず根拠がある話なのです。

消費者金融審査のポイントとは?

では、消費者金融の審査を通すに条件とはなんなのか?昔に比べれば、今の消費者金融審査はそこまで複雑ではありません。消費者金融審査に通るポイントを簡潔に説明したいとおもいます。

消費者金融審査に通る為の絶対条件!
  1. 借金の借入残高が年収の3分の1未満であること。(3分の1以上は総量規制によって貸付が禁止されています。)
  2. 継続して安定した収入があること。(無職の人は借りられません。専業主婦も自分の収入が0円なので総量規制によって貸付不可となります。)
  3. 住所がはっきりしている。(住所不定の人は審査に通りません。)
  4. 勤務先の在籍確認が取れること。(会社の在籍確認がとれなければ審査に通る可能性は低くなります。社会保険証や給料明細で在籍確認の変わりになる場合もあります。)
  5. 本人確認書類が提出できること。(運転免許証や保険証が無ければ審査自体できません。)
  6. 信用情報に事故情報がないこと。(事故情報の詳細はトップページに記載してます。)

消費者金融の審査を通る為には上記の項目は絶対条件となります。消費者金融が審査で最も重要視することは、その人の信用度です。しかし、一回も融資したことが無く、初対面の人に信用度は計れません。その為、勤続年数や居住年数、会社の規模などの属性を基にした信用を審査で調査することになります。

総量規制によって審査通過率は下がった

総量規制以内なら審査に通る?

そして、2010年から総量規制が実施されたことで、消費者金融は申込み者の年収の3分の1までしか貸付することができなくなりました。その為、借入が既に年収の3分の1を超えている人は、その時点で審査に通らなくなるのです。

 

しかし、逆に言えば、上記に当てはまらない人は消費者金融の審査に通る可能性は高いと言うことができます。総量規制によって、消費者金融会社の貸付残高は大きく減少しました。今現在、残高は微増になっていますが、貸付残高減少の原因は総量規制が大きな理由になっていることは間違いありません。

 

その為、申込み者の借入(借金)が年収の3分の1未満だった場合、消費者金融会社としてはまだ貸付け可能範囲があるので、積極融資している傾向にあります。そのような点も含めて、消費者金融審査はおすすめと言われているのかもしれません。


銀行カードローンなら総量規制は関係ありません!

銀行カードローンは総量規制対象外!

総量規制によって、消費者金融の審査通過率は大幅に下がりました。今は申込みによって、年収の3分の1を超える人は消費者金融では融資を受けられない時代なのです。

 

しかし、銀行カードローンは貸金業者ではないので、総量規制は関係が無く、年収3分の1規制もありません!そして収入証明書も一定金額以下で不要となっていることから、総量規制によって借入が不安に思っている人は銀行カードローンへ申込みしてみることをおすすめいたします。

 

今銀行カードローンは個人向け融資に積極展開しており、消費者金融の貸付残高が伸び悩む一方、銀行カードローンの貸付残高は増加しています。それだけ銀行カードローンから融資を受けている人が増えているという証拠になります。審査は甘くはありませんが、属性(勤続年数など)が良い人は審査次第で融資を受けられる可能性もありますので、一度検討してみてはいかがでしょうか?


おすすめの審査申込み先ランキング!

プロミス
プロミスは実質年率4.5%〜17.8%! 限度額500万円!

プロミス

プロミスは金利4.5%〜17.8%の低金利と、限度額1〜500万円までの内容でカードローン初心者から2枚目のカードローンの方まで幅広くおすすめできるローンです。
審査時間は最短30分のスピード審査+平日14時までにWEB契約完了で即日振込融資も可能!さらにメールアドレス登録とWEB利用明細登録で30日間無利息サービスまで付きます!1〜2か月短期間の利用であれば銀行カードローンへ申込みするよりもプロミスへ申込みした方が低金利になるのです!
新規成約率も高く、カードローン審査であればプロミスがおすすめです。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

>>プロミス公式サイトはこちら<<

アコム
消費者金融の中でも高い審査通過率を誇る!スピードNo.1ならアコム!

アコム

アコムは金利3.0%〜18.0%、最高限度額800万円の高スペック!アコムの特徴は消費者金融No.1のスピードにあります。正式審査回答まで最短30分!平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXし、アコムが確認することで即日融資も可能となっています。
銀行振込時間外の場合でも、インターネットから申込みしておけば、22:00まで受付している無人店にて即日カード発行でき、ATMより即日融資もOK!スピード審査、スピード融資ならアコムがおすすめです!新規契約なら30日間無利息です!

金利(実質年率) 限度額 審査時間
3.0%〜18.0% 最高800万円 最短30分

>>アコム公式サイトはこちら<<

SMBCモビット
モビットなら「WEB完結」型申込みサービスで電話連絡・郵便物無しで借入が可能!

SMBCモビット

モビットは金利3.0%〜18.0%の低金利と、限度額最高800万円の頼れるローンで、カードローンでも人気が非常に高くなっています。モビットの特徴は、インターネットからWEB完結により申込みすることで、電話連絡・郵便物が無く借入ができる点です。
モビットカードの郵送もありませんので、カードローンの借入を誰にも知られることなく安心して利用することができます!審査は最短即日、平日14:50までに振込手続き完了で即日振込融資も可能!(審査によっては不可も有り)三井住友銀行グループのモビットとして安心・安全にキャッシングすることができます。

金利(実質年率) 限度額 審査時間
3.0%〜18.0% 最高800万円 ※最短即日

※審査時間最短即日は申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

>>モビット公式サイトはこちら<<