全国銀行個人信用情報センター(KSC)とは?

銀行の信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターとは?

消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が加盟している信用情報機関には日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)がありますが、銀行などの金融機関にも同様な信用情報機関があり、それが全国銀行協会の運営している全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。

 

業務の内容は貸金業者の信用情報機関とほぼ変わらず、ローンやクレジットカードなどを利用している人の信用情報を保管し、会員における貸出審査の資料として提供しています。

 

また、会員はKSCを利用することによって、消費者への過剰貸出の防止や審査の迅速化を図っています。

 

KSCに加盟している会員は銀行の他、信用金庫や信用組合、農業協同組合(農協)、保証会社など、全国で1,200法人以上あり、登録されている情報は8,000万件以上にも上ります。

 

KSCに登録される情報には本人であることを特定するための属性情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先など)の他、下記などの信用情報があり、最長登録期間が定められています。

取引情報‐契約期間中、及び契約終了日(完済日)から5年

ローンやクレジットカードなどの契約内容、及びその返済状況(入金の有無、延滞、代位弁済、強制回収など)の履歴

照会情報‐利用日から6か月

会員がKSCに照会した記録、ローンやクレジットカードへの申込記録など

官報情報‐決定日から10年

官報に公告された自己破産や民事再生手続の開始決定など

本人申告情報‐登録日から5年

本人確認資料の紛失や盗難、訂正要請などの申告内容

 

CRINによって事故情報はすべて共有されています!

なお、KSCと貸金業者の信用情報機関であるJICCとCICは共同で情報交流ネットワークのCRIN(クリン:Credit・Information・Network)を設置し、各機関に登録されている延滞や代位弁済などの事故情報や、本人申告情報などの定期的な相互交流を行っており、貸金業者と金融機関は利用者の属性情報を除く信用情報の共有ができるようになっています。

 

現在では貸金業者や金融機関において多くの消費者向けカードローンが展開されていますが、CRINが構築されたことで、全会員が両信用情報機関に登録されている事故情報を照会できるため、利用者の返済能力を超えた貸出を防止できるようになり、不良債権を出す危険性が少なくなりました。

 

そして、消費者金融のカードローンに未払いのある利用者が、銀行のカードローンで借入をするということもできなくなっています。

 

なお、CRINによって個人情報が頻繁に流通することから、CRINでは個人情報の流失や漏洩を防ぐための「情報交流(CRIN)の実施に関する個人情報保護方針」を策定しています。

 

今人気の三菱UFJ銀行カードローン審査や、三井住友銀行カードローン審査にも当然KSCの情報が利用されています。